適切なレイアウトで集客を図る

適切なレイアウトで集客を図る

店内レイアウトを適切に割り振ることは重要です。
雑多なお店よりもセクションごとにジャンル分けされたお店なら目的の商品に到達しやすいです。
目的の商品に到達しやすいという事は店内でお客様があちこち歩き回るような状況になく、それは店内の限られたスペースを有効に活用できていることに他なりません。
個人的にこういったレイアウトの手法で一歩先を行っているなと感じるのが、本屋さんです。
特に大型チェーン店などに見られるレイアウトは秀逸です。
私の好きなお店はまるで図書館のような雰囲気で、セクションごとに見事に商品がジャンル分けされています。
しかも機器を使って目的の本の所在をプリントできるというサービスが提供されているのですが、これは正にレイアウトがきっちりとなされているからこそのサービスですね。
現代では何かと時短が重要視される時代です。適切なレイアウトはそんな時代に見事にマッチした集客を図るうえで欠かせない戦略ではないでしょうか。

Comments are closed.