紙のサイズをよく考える事が必要な集客方法

紙のサイズをよく考える事が必要な集客方法

集客方法の中には、紙媒体を用いるものがあります。いわゆるチラシなどはその1つですね。駅前などで、チラシを配っている方々もよく見かけるでしょう。
ところでそのチラシの大きさは、反響率と大きな関係があります。特にポスティングのチラシでは、その傾向が顕著なのですね。
ご存知のように紙には、様々なサイズがあります。A4やA5など色々サイズがある訳ですが、それぞれ反響率は異なるのですね。A5サイズに比べると、A4サイズの方が反響が生じやすいと言われています。
ただしあまりチラシのサイズが大きくなってしまいますと、今度は手間の問題が生じます。A3くらいのサイズの紙になりますと、ポストによっては入りきらない事があるのです。それで投函をする為に、2枚折りにしなければならない事もあります。その手間がかかる為、逆に効率が落ちる事もあるのですね。一般的にはA4くらいのサイズが、ポスティングという集客方法には最適だと言われています。
このように集客を試みる時には、そのツールのサイズなどを考慮する事も必要なのですね。

Comments are closed.